久良工務店ー久良大作のブログ

大工ですが、建築以外のことを綴ります。 建築については「木の家をつくる~土に還る家づくり」へどうぞ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原発はクリーンだというブラックジョーク

ジョークというものは、話し手と聞き手双方がそれと認識して初めてジョークとして成立する。同じ内容のものでも、それはある人にとってはジョークであるが、ある人にとってはジョークにはならないということはしばしばおこる。

「原発は二酸化炭素を出さないクリーンなエネルギーだ」というのは私にとってはもっともタチの悪いブラックジョークだが、それをジョークとは受け止めない人も少なからず存在する。またそれを口にする人がそれをブラックジョークだと認識せずに本心として話しているのだとすれば、これは悲劇である。原発は、生物を死に追いやる、半減期数万年という半永久的に処理できない放射性物質を日々生み出し続けている。


7月に友人と祝島に出向いた。自宅から車で1時間、そこから船で15分。周囲約12キロ、人口約5
00人の小さな島。その島の人から巡り巡って私のもとにメールが届いたので転載します。

●祝島島民の会からの呼びかけとお願い 2009/9/14

※2009/9/10から3日間の阻止行動を続け、また本日9/14も阻止行動を継続している祝
島島民の会からの呼びかけです

瀬戸内に残された豊かな海が、今、原発のために埋め立てられようとしています
1982年に山口県の上関町に原発建設計画が持ち上がってから、地元住民は賛否の対立
に苦しんできました
28年たった今でも未だに続いています
そして原発予定地の対岸わずか3.5kmに浮かぶ祝島では、住民の9割が計画に反対し
続けてきました

原発建設予定地周辺は豊かな漁場であると同時に、小型の鯨のスナメリが群れをなし
て泳ぎ、天然記念物のカンムリウミスズメの生息が確認されるなど、希少な動植物の
宝庫でもあります

しかし昨年山口県は、原子炉設置許可申請すら出されていない状況にもかかわらず海
の埋め立ての許可を出してしまいました
そして今、中国電力は原発建設予定地の目前に住む祝島の島民に対する説明も対話も
ないまま、海の埋め立てと原発の建設を強行しようとしています
私たちは自分たち自身の命や生活を守るために、生活の糧である美しい海や豊かな自
然を守るために、中国電力の埋め立ての強行に抗議しています

祝島島民の会では9/10から12までの三日間、埋め立て工事の先鞭となる大型浮標(ブ
イ)の搬出を阻止するため、平生町の田名埠頭で阻止行動を続けてきました
この3日間で延べ漁船80隻以上、陸上からも500人以上の人たちが阻止行動に参加し
ました

そしてまた本日9/14も、海上では漁船約30隻が、陸上では県内外からの応援に駆けつ
けてくれた人たちも含め100人以上が阻止行動を行っています

祝島島民の会ではホームページ(http://shimabito.net/)や当blog
http://blog.shimabito.net/)も開設していますが、多くの島民が阻止行動に参加
しているためリアルタイムで現地の様子をお伝えできません

現地の状況は
RadioActive(http://radio-active.cocolog-nifty.com/blog/
に特に詳しく紹介されていますので、ぜひご覧ください

これまでの動きについてはUrauraNews(http://iwaijima.jugem.jp/)や小中進オ
フィシャルサイトのニュース&トピックス
http://www.midori-konaka.jp/cgi-bin/news/view.cgi?m=slst&reles=1)等で紹介
されていますので、ぜひご覧ください

祝島島民は、特に今回の埋め立て工事の強行に対しては、地元の反対の声を無視して
埋め立ての許可を出した山口県と、その許可をたてに反対意見を「一部の声」として
力で押しつぶそうとし、祝島をはじめとした地元住民の27年以上に及ぶ思いを理解し
ようとする態度すら見せない中国電力に対しての怒りや憤りを強く感じています

山口県は埋め立ての許可を出す際に、中国電力に対して地元住民や県民の理解を得る
努力を尽くすことを要請してますが、それが果たされていないことは現地の状況をみ
れば明らかです

どうか山口県や中国電力に対して「地元住民の理解を得ていない埋め立て工事は中止
するべきだ」という抗議の声を届けてください
疑問があれば問い合わせをして彼らの姿勢を質してください

そしてこの呼びかけを多くの方々につないでください
どうかご協力をお願いします

2009/9/14
上関原発を建てさせない祝島島民の会
iwaishima@gmail.com


山口県
・海の埋め立てに関してはこちら
土木建築部港湾課
TEL083-933-3810(管理班、港政班)
FAX083-933-3829
メールアドレス a18700@pref.yamaguchi.lg.jp

・スナメリやカンムリウミスズメなどの希少生物についてはこちら
環境生活部自然保護課
自然・野生生物保護班
TEL(083)933-3050
Fax(083)933-3069
Mail a15600@pref.yamaguchi.lg.jp


中国電力
TEL 082-241-0211
FAX 082-523-6185
原発関連メールフォーム 
https://cc-www.energia.co.jp/faq/1024/app/servlet/ext_inquiry_a?linkid=904&l
inkstr=%8C%B4%8E%71%97%CD%8F%EE%95%F1


上関町
電話 0820-62-0311
FAX 0820-62-1600
メール  k_yakuba@d2.dion.ne.jp

※可能であれば、送られた質問やそれに対する回答、また相手方とのやり取りの内容
などを、簡単でかまいませんので祝島島民の会( iwaishima@gmail.com)へお寄せく
ださい
今後の活動の参考にさせていただきます




« 祝島の人々|Top|最高裁判所裁判官の国民審査についての疑問 »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nisukemaru.blog20.fc2.com/tb.php/41-429f1c25

Top

HOME

にすけまる

Author:にすけまる
FC2ブログへようこそ!

未分類 (69)

この人とブロともになる

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。