FC2ブログ

久良工務店ー久良大作のブログ

大工ですが、建築以外のことを綴ります。 建築については「木の家をつくる~土に還る家づくり」へどうぞ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

太陽光発電は良いことか?ーまとめ

 このように見てくると、現在は石油文明であり、自然エネルギーの利用技術というものは太陽光発電をはじめとしてすべてが石油の使用を前提としていることがわかります。また、そのことを前提としない代替エネルギー論は意味がありません。
 まとめとして近藤氏の結論を引用します。近藤邦明著『地球温暖化は憂うべきことだろうか』(HP)より

「太陽光発電を含めて、自然エネルギーによって石油火力発電システムを代替しようとする構想の問題点は、
 1.エネルギー密度が低く、発電施設規模が非常に大きくなること
 2.電力供給に要求される安定性と、生産と消費の同時性の要請に応えられないこと
 3.そのために巨大な付帯施設が必要になること
です。これは本質的な問題であり、自然エネルギーの補足技術をいくら改善しても乗り越えることはできません。太陽電池パネルの発電効率が多少改善されたなどということは瑣末なことであり、問題の本質とはかかわりのないことです。
 (中略)
本来は電子部品として微弱な電力供給において有効な太陽電池を、石油火力発電という大容量のシステムの代替として用いようと考えた発想に無理があったのです。有効性のある分野であれば、太陽電池は公的補助がなくても普及します。逆に、公的補助によって無理な導入を進めれば、石油と鉱物資源の浪費を招来し、環境問題を悪化させることになるのです。」

 現在政府が普及を進めようとしている家庭用の太陽光発電についてもやはり同じです。このシステムは既存の電力会社が所有する送電線網に接続して、余った電力を高値で売り、足りないときには買うことを前提にしています。独立したシステムとして運用できないのであれば、これは自己満足でしかありませんし、エネルギーの浪費であることも同じです。太陽光発電に政府が補助金を出すことは税金の一部を太陽光発電システムのメーカに献上することを意味し、税金のばらまきです。また太陽光発電で生まれた電気を電力会社が割高で買い取ることは、これもまた結果的に資源の浪費です。

 いま”省エネ”や”エコ”は大はやりです。企業にとってはそれが新たな広告宣伝の手段となっていて、「環境に優しい」「環境に配慮した」と言ったことばが巷には氾濫しています。しかし産業界が本心からそれを考えているのかははなはだ疑問です。そもそも石油文明から受ける恩恵には手をつけない”省エネ”、現在の生活レベルは落とさない身勝手な”エコ”というものが成り立つのでしょうか? 現在の生活基盤をを根本から見直す提案をする覚悟が彼らにあるのでしょうか? 工業生産されたエネルギーをもとに成り立っている現代文明において、真の省エネは工業生産活動の縮小によってしか得られません。二酸化炭素削減のための対策において世界各国の足並みが揃わないことから見ても、その覚悟がないことは自明です。本当にそれを考えるなら、まず莫大な金額の軍事費を削減することからはじめるべきです。
 こういったたぐいのことばはそれ自体が良い意味を持つことばにつくりあげられていて、異を唱えることは難しい。「エコだから良いことだ」といった妄信ともいえる短絡的な思考は得てして正しい価値判断を誤らせます。だからこそ、こういった種類のことばをつかうことには慎重であるべきで、熟慮が必要だとおもいます。

 話はそれますが、二酸化炭素の増加が地球温暖化をもたらすという論は、いまだ仮設の域にとどまっていて科学的に実証されているわけではありません。異を唱える学者も少なからずいるようですが、ほとんどマスコミに取り上げられることはありません。(興味のある方は槌田敦氏および近藤邦明氏の著作を読んでみてください。) 二酸化炭素排出量の削減ということが大々的に喧伝される中で、本当の環境問題(廃棄物処理をどうするか、自然の循環をいかに回復するかなど)が覆い隠されてしまっていることは憂慮すべきことです。

 以上で朝日新聞の社説に端を発した、太陽光発電に関する考察をひとまず終えます。太陽光発電を今回取り上げましたが、もっと真剣に議論すべきは原子力発電についてです。家づくりにたずさわる者として、機会があればまとめてみたいとおもいます。

(注)私は環境問題やエネルギー問題に関する専門家ではありません。今回の考察は主に近藤邦明氏の著作の中から自分の考察も含めてまとめたものです。誤りがありましたらご指摘下さい。
スポンサーサイト

Top|Next »

HOME

にすけまる

Author:にすけまる
FC2ブログへようこそ!

未分類 (69)

この人とブロともになる

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。